一人暮らしの狭いキッチンで自炊を続ける方法

 

一人暮らしにおすすめの炊飯器tacookはこんな商品 一人暮らしの食費を検証!
自炊すると損するって本当?
一人暮らしの狭いキッチンは
炊飯器tacookで解決します!

一人暮らしにおすすめの炊飯器tacook

3500円分の食材

一人暮らしの狭いキッチン

 

まな板、包丁は毎日使わない!まとめて切る!

一人暮らしの狭いキッチンで調理するとなると、本当に鬱陶しい問題がまな板と包丁を使って食材を切る作業です。

 

広いキッチンなら大きなまな板で余裕をもって作業できるし、切った材料はまな板の上の空いたスペースに置くか、ボールなどに移して置けば良い。

 

しかし、一人暮らしの狭いキッチンでは、まずまな板を置くスペースを確保するのでいっぱいいっぱいという事も珍しくないでしょう。というかまな板を置くスペースすらないという事もあるはずです。

 

なので毎日まな板と包丁を出して、料理をするのはなかなか大変です。

 

 

僕の場合まな板と包丁を使うのは週に1回とか2回くらです。食料品の買い出しをしてきたら、野菜などはまとめて切ってしまいます。食べる大きさに切って冷凍するか、冷蔵します。ジップロックやサランラップなどを使えば簡単に保存することが出来ます。

 

肉や魚も冷凍すれば日持ちするので特売日などに仕入れて冷凍庫にストックしておくとかなり便利ですよ。

 

一人暮らしの狭いキッチンで「食材を切る」という作業と「食材を調理する」という作業を一緒にやろうとするから上手くいかないわけですね。

 

週に1回まとめて食材を切っておき、調理する時に冷蔵庫から取り出して使えば驚くほどスムーズに料理が作れます。

 

この方法なら、キッチンにまな板を置くスペースが無いという場合でも、とりあえず適当な机やテーブルなどで食材を切っておいて、調理する時は切った食材を取り出すだして使用するという事が可能です。

 

食材をシップロックで保存

 

 

一人暮らしの狭いキッチンで大活躍する炊飯器tacookを使う

炊飯器タクックで作った料理
炊飯とおかず料理を同時にできる炊飯器tacookを使えば一人暮らしの狭いキッチンでの自炊は相当簡単なものになります。

 

キッチンに炊飯器を置くスペースさえ確保できればそこで調理は全て完結します。炊飯しながら、蒸気を利用して食材を蒸すことが出来るので、フライパンや鍋などの調理器具は一切不要です。

 

作れる料理は温野菜などの簡単な物から、本格的な料理まで、工夫次第でいくらでも対応できます。

 

炊飯器タクックで作った料理

 

オススメは野菜をごろっと切って蒸すだけの温野菜。じっくりと時間をかけて火を通すので素材が持っている本来の甘みを存分に引き出してくれます。

 

冷凍食品のシュウマイや餃子なども電子レンジで作るよりも断然美味しくなるのでおススメです。

 

 

⇒タイガー炊飯器tacookの口コミ本音レビュー

 

関連ページ

一人暮らしの狭いキッチンでも後片づけが劇的に楽になる!
一人暮らしの狭いキッチン、何が嫌って調理後の後片付けです。狭いシンクで洗物をするのも、置き場がなく散乱した調理器具を片付けるのも炊飯器tacookを使えば解決します!